結婚式でタブーとされるドレスの色

折角招待された結婚式なのですから、ドレス選びには失敗したくないものです。
今回は意外にやってしまいがちな、選んではいけないドレスについて簡単に説明を致します。
まず、真っ白なドレスは花嫁が着るべき色なので招待客は絶対に着てはいけない、と言う話は有名だと思います。
しかし、ここで気を付けたいのはベージュやシルバー、淡いピンクなどです。
色がついているので良いのではないかと思いがちですが、式場の照明の具合によってこれらの色は白く見えてしまうことがあるので注意が必要です。
もしもパーソナルカラーの関係で淡い色調の物を選びたい場合は、羽織物・バッグ・靴を濃い色にするのがベターと言えるでしょう。
色使いには気を付けてドレス選びをお楽しみください。

持ち出し0円で、本当にできるんですか?
費用が上がらないをモットー

和装結婚式のプラン
撫子プラン80,000 桔梗プラン,000~

和婚式のプラン
各プランをご用意致しております。

重要文化財である京都の神社で結婚式が出来ます。
特別プランもご用意しております。

美しい景観を背に執り行う和婚式
各プランをご用意致しております。

やってしまいがちな結婚式のドレスの選び方

詳細はコチラから

結婚式にお呼ばれした場合、メッセージやご祝儀代と並んで女性の頭を悩ませるのが、披露宴に着ていくドレス

結婚式のマナーを守ったドレスコード

詳細はコチラから

結婚式の出席にあたって、失礼のないようにしていきたいものです。
お呼ばれした時のドレスにも様々

結婚式に参列する場合のドレス選び

詳細はコチラから

結婚式や披露宴に参列する場合に着用するドレスには、いろいろなマナーがあります。
白のドレスは避

結婚式のドレスのマナー

詳細はコチラから

結婚式に呼ばれた際に、華やかに着飾るのはいいのですが、「こういうドレスは駄目。
」という基準が

スタッフの紹介

(1)結婚式 ドレスについて

結婚式にお呼ばれした場合、メッセージやご祝儀代と並んで女性の頭を悩ませるのが、披露宴に着ていくドレス

(2)結婚式 ドレスについて

結婚式の出席にあたって、失礼のないようにしていきたいものです。
お呼ばれした時のドレスにも様々

(3)結婚式 ドレスについて

結婚式や披露宴に参列する場合に着用するドレスには、いろいろなマナーがあります。
白のドレスは避